やっぱりプロペシアが一番!

 

いろいろやってみた結果として、プロペシアが一番でした。プロペシアはたくさんの人から支持されています。 
プロペシアが自分に向いていたのは、一日一錠飲むだけという手軽さです。
これは、続けやすいです。
育毛剤をいろいろ使ってみたのですが、朝晩きちんとつけるのは結構面倒でした。
実際にプロペシアを利用するまでに半年以上迷ったのですが、はじめからプロペシアにしておけばよかった思います。 自分がプロペシアの服用までに迷ったのは治療費の問題と副作用が気になったからです。
そのために、プロペシアを服用するまでにいろいろな本を読んで、かなり勉強しました。

 

いろいろ調べると プロペシアが一番取り組みやすい!

 

こちらの本を読み、いろいろな方法があることを知りました。
育毛サロンは数十万~数百万。自毛植毛も70~120万。民間療法は効果がわからない。
自分の経済力では数十万というのはかなりきつい。 費用と効果を考えると、「プロペシア」という答えになります。(医師が紹介しているというのも安心できました。)
「医療的育毛革命」の著者:佐藤明男医師は「フィナステリド」の治療実績の第一人者。
佐藤院長の東京メモリアル「クリニック平山」の掲示板をみて、プロペシアについてより詳しく知ったのも安心感がありました。

 

プロペシアの効果・効能についてわかったこと

 

AGA治療薬プロペシアの主成分フィナステリドは世界で唯一の飲む発毛剤として、その実効性の高さが認められています。 フィナステリドの薬理作用はシンプルなのです。
体内で過剰分泌されたテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換するのに必要な5α‐還元酵素Ⅱ型の働きを阻害します。 結果として悪玉男性ホルモンDHTを防ぎます。
臨床データによるとプロペシアは1年間の服用で、6割が生え、4割が薄毛の進行がほぼストップ、薄毛の進行が止まらない人は数パーセントです。
そして、3年になると発毛した割合は8割まで上昇し、5年間となるとさらに割合は上昇します。
プロペシアはとても実績があるということがわかり、自分の背中を押してくれました。

 

なぜ飲むプロペシアが効果があるのか?

 

今まで、私は発毛剤は頭皮につけるものと考えていました。飲む発毛剤がなぜ効果があるのかわかりませんでした。
それも、プロペシアの利用をためらっていた理由だったのです。
飲む発毛剤が頭皮につけるタイプより効果的なのは発毛の仕組みを考えれば、とてもシンプルなことでした。
発毛を司るのは毛母細胞です。この毛母細胞は頭皮の奥のほうにあります。
塗るタイプですと頭皮から厚い皮膚を通過して毛母細胞に届きます。
そして、塗り方によっても、届くか届かないかが左右されてしまいます。

 

経験のある方ならわかると思いますが、均等に塗るのは難しいものです。
飲む発毛剤がなぜ良いのかというと毛母細胞は毛細血管とつながっているからです。
血液の20%は脳に流れています。 服用したプロペシアの20%は頭に向かうわけですから、その多くが毛母細胞に到達します。 そのため、厚い皮膚という障害がある塗るタイプより、毛細血管という道がある飲むタイプの方が成分が届きやすいのです。

 

このため、飲むタイプのプロペシアが効果的なのです。

更新履歴